VideoInterviewは自動的に最適なマイクとカメラにアクセスしますが、アクセスに失敗する場合があります。

その場合、「ブラウザはカメラにアクセスすることができません」というエラーが表示されます。

以下の項目を確認してください。


他のアプリを閉じる


Skype・Google Hangouts・appear.inなど、他のビデオ会議プログラムを開いているとVideo Interviewのカメラへのアクセスが失敗する場合があります。

カメラを使っているアプリをすべて閉じてから、VideoInterviewのページを更新してください。


サポートするブラウザの確認

VideoInterviewは、最新のブラウザの機能を使用しています。

ChromeまたはFirefoxをご利用の上、最新のバージョンであることを再度確認してください。

サポート対象外のブラウザでは稀に動作しないことがあります。 カメラが機能しない場合は、サポートされている別のブラウザを使用してみてください。


カメラを使用する他のアプリが正常終了していないか

最新のブラウザを使用していても、カメラを使用していた他のアプリケーションが正常終了されていないとVideoInterviewがカメラを使用できない場合があります。

この場合はコンピュータの再起動をお勧めします。


アクセス許可の確認

  • MacOS 10.14 (Mojave)

MacOSの最新バージョンではカメラへのアクセスがプライバシーコントロールによりブロックされることがあります。

ブラウザに許可を与えるため、以下の手順を実施してください。

  1. 画面左上にあるアップルアイコンをクリックし、「システム環境設定」をクリックします

  2. 「セキュリティとプライバシー」をクリックします

  3. 「カメラ」をクリックし、ご利用のブラウザにチェックが入っていることを確認します

  4. 「マイク」をクリックし、同様にチェックを確認します

  5. 変更を有効にするため、ブラウザを再起動します


拡張機能の確認

上記のいずれもうまくいかない場合は、ブラウザの拡張機能や広告ブロッカーが原因の可能性があります。

Video Interviewをシークレットモードあるいはプライベートモードで開いてみてください。

すべての拡張機能はこれらのモードで無効になります。