候補者を招待するには、①招待メールを送信 ②共有リンク の2種類の方法があります。

それぞれの違いについてご説明いたします。





1、招待メールを送信



候補者の氏名・メールアドレスをご入力いただき、緑のボタンを押してください。



入力した候補者のもとに以下のような招待メールが送られます。



緑のボタンを押すと、面接が開始されます。








2、共有用リンク


共有用リンクをクリックしてオンにすると、右側に共有URLが発行されます。

こちらのURLを候補者にお送りください。




共有用リンクにアクセスした候補者には、以下のような画面が表示されます。

候補者自身で氏名・アドレスを入力します。



<ビデオ面接を送付>ボタンを押すと、入力したアドレスにビデオ面接の招待メールが届きます。




緑のボタンを押すと、面接が開始されます。






まとめ


大きな違いは、「候補者の氏名・アドレスを入力する作業を企業様・候補者様のどちらが行うか」という点になります。

上記を踏まえ、以下のような観点から使い分けいただくことをオススメいたします。


▼招待メールに向いている場合

・候補者の氏名に受験番号などを入れて管理したい

・候補者の受験の手間を少しでも減らし、受験率をあげたい


▼共有リンクに向いている場合

・大量の候補者に一括で招待を送信したい(一斉送信のメールなどに共有リンクを含めていただく形となります。)