1、質問数


ビデオ面接における質問数は3〜5問を推奨しています。

多すぎると、候補者が最後まで面接を完了できない可能性が高まり、

少なすぎると、面接の選考基準について候補者に不信感を持たせてしまいます。




2、質問例文


最初の1、2問は、回答しやすい一般的な質問を設定しましょう。

・お名前・年齢をお教えください。

・これまでの職務経歴をお教えください。

・ご自身の長所と短所をお教えください。

・志望動機をお教えください。

・今回の転職で重視していることをお教えください。

・前職の退職理由をお教えください。

・入社が決まった場合の入社可能時期をお教えください。



後半の質問では、会社にまつわる少しオリジナルな質問を設定すると、選考に対し候補者の納得感を醸成しやすくなります。

・これまでの人生で一番辛かったこと、挫折経験をお教えください。

・最近気になったニュースとその理由をお教えください。

・あなたのオススメの場所とその理由をお教えください。

・あなたの営業としての強みは何ですか?



3、質問動画の設定


VideoInterviewでは、テキストの質問に加えて動画を設定できます。

採用担当者が動画に登場することで、貴社の印象や魅力が伝わり、面接を通して候補者の志望意欲を高めることができます。是非設定してみましょう。